台湾のディープ01、日本進出 脳卒中のAI診断技術で

アジアBiz
2020/6/25 15:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台湾の人工知能(AI)スタートアップ企業、ディープ01(台北市)は日本市場に進出する。AIで脳卒中を診断する技術の許認可の取得や市場調査について、丸紅と協力契約を結んだ。このほど台湾のパソコン大手、エイスース(華碩電脳)などから調達した約8千万台湾ドル(約2億9千万円)を元手に、海外市場の開拓を進める。

ディープ01は2016年設立。脳卒中患者のコンピューター断層撮影装置(CT)画像をAIで分析…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]