絶望からの再生 仏教学者 佐々木閑

エッセー
2020/7/3 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

この世に生まれてきた人は誰でも、生きていこうという意思を持っている。これは我々全員に具(そな)わった根源的本能である。胎児は皆、母親の胎内で懸命に栄養を吸収して成長するし、オギャーと生まれ落ちれば、その瞬間におっぱいを吸い始める。そんな時に「私はこのおっぱいを吸うべきか吸わざるべきか、それが問題だ」などと悩んでいる赤ん坊はいない。なんの理屈も論理もなく、ただひたすらに生きようという思いがあるから…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]