/

新大学名「大阪公立大学」で調整 府大・市大統合で

(更新)

大阪府立大学と大阪市立大学を統合して2022年春の開学を目指している新大学の名称について、運営法人や府・市が「大阪公立大学」とする方向で最終調整していることが25日、関係者への取材で分かった。英語名は「University of Osaka」で検討しているという。

関係者によると、大阪公立大学のほかに、「公立大学大阪」「大阪総合大学」の3案が浮上している。26日に運営法人と吉村洋文知事、松井一郎市長が協議し、正式に決める見通し。松井氏は25日の定例記者会見で「分かりやすい名前が良いのではないか」と述べた。

運営法人と府・市が1月にまとめた基本構想によると、新大学は海外大と連携した研究による国際競争力の強化や、多くの留学生や教員の獲得とともに、英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)が発表する世界大学ランキングで200位を目指すとしている。

ただ、検討されている英語名は、大阪大の英語名「Osaka University」と類似しており、研究者などの間で混乱が生じかねないとの見方もある。

府大・市大は19年4月に運営法人を統合。今年10月にも文部科学省に設置の認可を申請する。新大学の学部入学定員は約2800人となり、全国の国公立大で3番目の規模になる。25年4月に大阪城東側にある森之宮地区に1、2年生の基幹教育などを担うメインキャンパスを整備する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません