/

この記事は会員限定です

「北に残る家族の運命は…」南北緊張で動揺する脱北者

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]

韓国の脱北者団体が散布した北朝鮮の体制批判ビラをきっかけに一気に高まった南北の緊張。そんな状況に不安を募らせる人々がいる。韓国に約3万5000人が暮らす脱北者たちだ。

「北にいる家族や親戚はどうなるのか。脱北者たちは胸が張り裂けそうな思いでいる」――。脱北者らでつくる保守系の市民団体「南北共に国民連合」の金台珊(キム・テサン)常任代表は表情を曇らせる。

脱北者団体の自由北韓運動連合が5月31日に散...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン