孫社長、4.5兆円資産売却「8割遂行」 SBG株主総会

2020/6/25 14:00
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ(SBG)は25日、都内で株主総会を開いた。孫正義会長兼社長は3月に発表した自社株買いと負債圧縮のための計4.5兆円の資産売却計画について「8割を3カ月でやり遂げた」と述べた。通信子会社ソフトバンクや米通信大手TモバイルUSの株式一部売却などを相次いで発表しており、残りの2割も「私の腹の中ではメドがたっている」とした。

孫社長はSBGが保有する約30兆円の株式について「売ることができない『絵に描いた餅』だと何度も言われた」と指摘。今回の資産売却の成果を示し、こうした懸念に反論した。同社は24日、Tモバイル株の売却総額が最大2兆円強になると発表していた。

2020年3月期の連結営業損益が1兆3646億円の赤字となったことで「SBGは大丈夫かという声があるが、史上最大の赤字を出したわけだから、もっともな心配」と発言。そのうえで「(営業利益ではなく)株主価値が重要な指標だ」と強調した。

SBGは保有する株式の時価から単体の純有利子負債を引いた「株主価値」を重視している。足元では23.3兆円と、3月末時点の21.7兆円から回復し、新型コロナウイルスの感染拡大前の水準も上回っていると説明した。

この総会で10年以上にわたりSBG取締役を務めた中国・アリババ集団創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が退任。孫社長は「(同氏の任期満了をもって)私もアリババの取締役を退任する」と明らかにした。退任は円満なもので「アリババ株はできるだけ長く持ち続けたい」とした。

今回の総会は新型コロナウイルスへの感染防止のため議長の孫社長を含む役員がウェブ会議システムを通じた遠隔からの出席となった。株主の質問はウェブサイトから受け付けた。

総会会場を訪れた68歳男性の個人株主は「巨額の赤字決算と(通信子会社)ソフトバンクの株式売却について(SBGの)孫社長がどう説明するか聞きに来た」と話した。今回の総会は新型コロナ対応で株主の来場自粛を促したが、一定の手続きをとった株主は入場できた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]