データ見える化で行動変わった 滋賀県・三日月知事
コロナ危機地方揺らぐ

2020/6/25 12:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

滋賀県は新型コロナウイルスの第1波を乗り切ったとして、対応策の検証に乗り出した。感染予防の陣頭で何を考え、どんな教訓を得たのか。第2波以降にどう備えるのか。三日月大造知事に聞いた。

――滋賀県では感染者が101人、うち死者1人が出ました。どう振り返りますか。

「亡くなった方が出たのは痛恨だ。県民に不安を与えたし、社会全体の自粛で我慢や負担を強いた。様々な自粛を要請した4月には『守らない人もいるや…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]