/

鹿児島知事選告示、7氏届け出

任期満了に伴う鹿児島県知事選が25日告示され、再選を目指す現職三反園訓氏(62)=自民、公明推薦=の他、元職1人と新人5人の計7人が無所属で立候補を届け出た。三反園氏の県政運営の評価や、2024、25年に40年の運転期限を迎える九州電力川内原発(薩摩川内市)1、2号機の運転延長の是非が主な争点。投開票は7月12日。

他に立候補したのは、元埼玉県立高校教諭武田信弘氏(66)、医師横山富美子氏(73)=共産推薦、元鹿児島テレビ放送アナウンサー青木隆子氏(57)、元知事伊藤祐一郎氏(72)、元九州経済産業局長塩田康一氏(54)、元鹿児島大特任助教有川博幸氏(61)。

伊藤、塩田両氏は候補者一本化の協議を重ねたが決裂。実現すれば支援方針だった立憲民主、国民民主両党は今後対応を決める。社民党は自主投票とする。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン