中1男子が飛び降り自殺か 「いじめ」と母親、北海道

北海道
2020/6/25 9:55 (2020/6/25 11:11更新)
保存
共有
印刷
その他

北海道登別市立鷲別中学校1年の男子生徒(13)が22日に自宅のある道営住宅敷地内で倒れているのが見つかり、病院で死亡していたことが25日、同校への取材で分かった。

道警は飛び降り自殺の可能性があるとみて調べている。母親は、学校の部活でいじめがあり自殺したと訴えているという。

登別市教育委員会はいじめ防止対策推進法が定める「重大事態」に当たるとみており、弁護士らでつくる第三者委員会に諮問することを検討している。生徒は運動部に所属していた。

同校と市教委は既に、いじめの有無など事実関係を調べるため、全校生徒にアンケート。同校は23日に全校集会と保護者説明会を開いた。

生徒は22日午前8時ごろに登校するため家を出たが、同30分ごろに住宅敷地内で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]