/

この記事は会員限定です

NEC、5G挽回に「電電ファミリー」の絆頼み

[有料会員限定]

NECNTTから約600億円の出資を受け、次世代通信規格「5G」などの先端通信網を共同開発することが明らかになった。5Gを含めた通信基地局の整備は、海外大手3強が世界シェアの約8割を握り、NECは1%未満だ。ただ、足元では首位の中国華為技術(ファーウェイ)を排除する動きが広がり、商機ものぞく。かつての「電電ファミリー」の絆を頼りに巻き返しを狙う。

10年以上の関係見据え資本提携

「5G、その後の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン