/

地上イージス、秋田・山口への配備断念 河野防衛相

河野太郎防衛相は25日午前の記者会見で、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に関し、24日の国家安全保障会議(NSC)で秋田、山口両県への配備計画の断念を決めたと発表した。「その他の代替地を見つけることは極めて困難との見通しを持っている」とも述べた。

防衛省で臨時の記者会見を開いた。イージス・アショアの代替策に関し「今後の我が国のミサイル防衛をどうするか、NSCで議論し、与党ともしっかり意見交換しながら進めたい」と述べた。「日米間でもミサイル防衛について引き続き協議する」と語った。

これに先立ち、自民党の国防部会などの合同会議で報告した。河野氏は「NSCで撤回を決定するに至った。深くおわび申し上げる」と述べた。防衛省は同会議で秋田、山口への配備断念に伴う代替地に関し、安全確保や工期の観点から「見つけることは困難な見通し」との見方を示した。

イージス・アショアの配備候補地となっていた秋田、山口両県の知事にも同日午前、計画の断念を伝えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン