九州北部で局地的大雨 長崎・五島「50年に1度」

2020/6/25 7:57 (2020/6/25 10:34更新)
保存
共有
印刷
その他

対馬海峡付近の梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、25日は九州北部を中心に大気の状態が不安定になり、各地で雷を伴う激しい雨が降った。長崎地方気象台は「五島市、新上五島町で50年に1度の記録的な大雨になっている」と発表し、土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けた。

気象庁のレーダー観測では長崎県を中心に線状降水帯のような強い降水域が確認された。佐世保市付近で解析雨量が120ミリ以上となるなどし、同庁は記録的短時間大雨情報を相次ぎ発表した。同県のほか佐賀県にも土砂災害警戒情報が出た。

気象庁によると、長崎県佐世保市では1時間に80ミリを超える猛烈な雨が降った。25日午前までの6時間で佐世保市では230ミリ、五島市で200ミリ、新上五島町で150ミリをそれぞれ超える雨が降った。

26日午前6時までの24時間予想降水量はいずれも多い所で佐賀県150ミリ、長崎県200ミリ。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]