独バイエル、1兆円超の和解金で合意 農薬巡る訴訟で

2020/6/25 4:36 (2020/6/25 4:48更新)
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】医薬・農薬大手の独バイエルは24日、除草剤の発がん性をめぐる訴訟で、米国の約12万5千人の原告の大半に合計最大109億ドル(約1兆1600億円)を支払うことで和解したと発表した。2018年の米モンサント買収から続いた問題に区切りをつける。

原告側は、バイエルが18年630億ドルで買収したモンサントの主力商品だった除草剤「ラウンドアップ」の主成分に発がん性が疑われるとし…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]