米、対EU関税の拡大検討 ビールなど計3300億円分

貿易摩擦
2020/6/25 0:36 (2020/6/25 5:21更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】米政府は24日までに、欧州の航空機大手エアバスへの補助金が不当だとして欧州連合(EU)各国に課している報復関税の拡大を検討すると発表した。ビールなど計31億ドル(約3300億円)分の品目を関税の検討対象に加えた。圧力を強めて補助金撤廃を迫る。

米通商代表部(USTR)が関税を課す可能性がある品目リストの原案を公表した。フランスとドイツ、スペイン、EUから離脱した英国の4カ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]