GO TOKYO

フォローする

鈴木愛、2季連続賞金女王挑む 女子ゴルフ25日開幕

Tokyoオリパラ
2020/6/24 23:31
保存
共有
印刷
その他

女子ゴルフの2020-21年統合シーズンの開幕戦、アース・モンダミンカップが25日、千葉県カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で始まる。新型コロナウイルス対策で無観客試合。出場予定の144選手を含む大会関係者821人がPCR検査を受け、817人が陰性で4人が再検査となった。濃厚接触者がいないのを確認した上で本戦は行われる。再検査の対象が選手の場合は欠場となる見込み。

アース・モンダミンカップの開幕前日、練習ラウンドでショットを放つ鈴木愛=ゲッティ/JLPGA提供

アース・モンダミンカップの開幕前日、練習ラウンドでショットを放つ鈴木愛=ゲッティ/JLPGA提供

昨季、2季ぶり2度目の賞金女王となった鈴木愛が、2季連続の戴冠に挑む。連続賞金女王は15-16年のイ・ボミ(韓国)、日本勢では00-05年の不動裕理以来となる大きなチャレンジだ。長丁場となった今季の開幕戦を、「優勝請負人」清水重憲キャディーと昨年5月以来のタッグを組んで迎える。感染症の影響で世界のツアー日程は激変したが、本来なら今週は東京五輪代表権をかけた最終チャンスとなるメジャー、全米女子プロ(10月に延期)で米国遠征するはずだった。

「そこでバッグを担いでもらう予定だったのでそのままお願いした」。17年大会で鈴木が優勝する前の2年間、イ・ボミとともに今大会を連覇した名参謀が蓄えているコース攻略の知恵を借りる。「今年はできて10試合」。今大会の優勝賞金4320万円を手にできれば、女王レースで断然有利に働きそうだ。

鈴木の行く手に立ちはだかるのが、米ツアーの中断が長引き、国内で調整を続けていた世界ランク4位の畑岡奈紗だろう。「全体として距離は長くないけれど、ホールによって差が大きく、ゲーム運びのリズムが大事」。初出場ながらコース攻略の糸口はつかめた。昨季賞金ランク2位の渋野日向子、勝みなみ、河本結ら畑岡を含む1998年度生まれの黄金世代の勢いは異例の空白期間を経てなお続くか。

昨年、史上7人目のアマチュア優勝を飾った古江彩佳を筆頭に安田祐香、吉田優利ら2000年度生まれにとっては待ち続けた開幕デビューとなる。

(串田孝義)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
紅白戦でサーブを打つ高橋(奥)。2月、今年の代表登録選手に高校生で唯一選ばれた(日本バレーボール協会提供)日本バレーボール協会提供


 2021年夏の東京五輪に向けて再始動したバレーボール男子日本代表で、期待の新星が早くも存在感を示している。1月の全日本高校選手権(春高バレー)を制した京都・東山高出身のアタッカー、高橋藍(らん、日体 …続き (8/6)

バドミントン男子ダブルスの園田(左)と嘉村


 「ちょっとまずい。これは強いぞ」。2009年9月の新潟国体。バドミントンの男子ダブルス準決勝を見ていたトナミ運輸監督の荒木純は、教え子で当時日本一だった平田典靖、橋本博且組が格下ペアに気押されるさま …続き (8/2)

中国ペアと対戦する園田(上)、嘉村組(2019年12月)=共同共同


 矢のように速く、真っすぐに、ネット上すれすれにシャトルを通して相手の胸元を狙い打つ。ともに169センチと小柄な2人が持ち前の高速ラリーを繰り出すと、大柄な海外勢の足が止まり、勢いがしぼんでいく。
 バ …続き (8/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]