「近視治すメガネ」 窪田製薬HDが米国で治験へ

2020/6/24 21:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

窪田製薬ホールディングスは近視治療のために開発中のメガネ型機器について、近く米国で臨床試験(治験)に入る。メガネのように顔に装着すると眼内に画像が投映され、ピントのずれを元に戻して近視を治療する。

近視の多くは角膜と網膜の間の「眼軸」と呼ばれる部分が伸びることで焦点がずれてしまい、画像がぼやける。

開発中の医療機器「クボタメガネ」はレンズ部分から治療用の画像を患者の眼内に投映する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]