/

この記事は会員限定です

司法や統計、アナログな国家の土台 急変に対応できず

霞が関の非常識 遠いデジタル政府(下)

[有料会員限定]

「もうかれこれ10年以上も休眠状態。もっと早く動いていれば」。内閣官房の幹部が悔やむのは民事裁判手続きのオンライン化の停滞だ。2004年の民事訴訟法改正で一歩を踏み出した後、実際にはほぼ使われないまま今に至る。

この間の歩みの遅さについて成城大学の町村泰貴教授は「法科大学院制度や裁判員裁判の導入といった課題に比べて優先度が低かった」と分析する。そのツケが思わぬひずみとして見えてきた。

東京商工リ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン