山口・防府市の産業団地に初の進出企業

2020/6/24 21:04
保存
共有
印刷
その他

大和ハウス工業は24日、山口県防府市で造成中の産業団地「防府第二テクノタウン」に初の進出企業が決まったと発表した。「業務スーパー」を展開する神戸物産のグループ企業、ターメルトフーズ(防府市)が近隣の本社工場を移転する。

ターメルトフーズは8898平方メートルの土地に冷凍食肉加工工場を建設する。9月に着工し、2021年7月に操業を始める予定。

防府第二テクノタウンは三田尻中関港に近く、マツダブリヂストンの防府工場に隣接し、敷地面積は22万平方メートル。全体の完成は22年9月の予定。大和ハウスは同市内で15年から「防府テクノタウン」の販売も手掛けており、こちらは10区画のうち残り1区画となっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]