/

RIZAP社長、4~6月は「黒字化難しい」

RIZAPグループの瀬戸健社長は24日、日本経済新聞の取材に応じ、「4~6月期は黒字化は難しい」との見通しを示した。同社は2020年3月期の連結最終損益(国際会計基準)が60億円の赤字(前の期は194億円の赤字)だったが、「21年3月期に最終損益の黒字転換を目指す」と話した。

足元の経営状況について「6月は回復はしているものの、売上高は前年に比べると2~3割少ない。RIZAPのジムやゴルフ事業は高齢者や医療関係者の戻りが鈍い」という。

新型コロナウイルスの影響から主力のフィットネスジム事業では、新規会員数が減少した。ジーンズカジュアル専門店のジーンズメイトなど子会社も苦戦が目立つ。

今期は本業のジム事業で非対面のサービスを積極展開する。瀬戸社長は「従来事業の売上高の減少が見込まれるなか、新たな収益源をつくっていかないといけない」と強調した。グループ機能の統合や在宅勤務の拡大でコスト削減にも努める。「4~6月期の落ち込みを下期にかけて取り戻していく」と強調した。

2期連続の最終赤字を受けて、金銭消費貸借契約上の財務制限条項に抵触した。瀬戸社長は今後の資金調達について「今すぐにという話ではないが、日本政策金融公庫や商工組合中央金庫といった政府系の金融機関からの借り入れを中心に検討していく」と話した。

RIZAPグループの株価を3月末と比べると、横ばいにとどまっており、19%上昇した日経平均株価に比べて見劣りする。瀬戸社長は株価低迷について「結果を出していくしかない」と話した。株主優待制度は継続する方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン