/

この記事は会員限定です

茨城のコンビナート、コロナ流入阻止へ厳戒の定期修理

[有料会員限定]

三菱ケミカルなどの化学プラントが集積する鹿島東部コンビナート(茨城県神栖市)に新型コロナウイルスの影響が及んでいる。全国から32万人を動員予定だった定期修理(定修)を、感染流入を警戒する県の要請を受け延期・縮小。だが施設の安全を守るには大幅な延期はできず、対策を徹底して実施に踏み切った。開始から1カ月余りが経過、緊張した状況下での作業が続いている。

定期修理は危険物を扱うプラントの事故を防ぐため定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン