/

この記事は会員限定です

郊外でも使えるスマートバス停、安川電機系と西鉄

[有料会員限定]

安川電機系のシステム会社、YE DIGITALと、西日本鉄道系の西鉄エム・テック(福岡市)は、時刻表を液晶画面に表示する「スマートバス停」で郊外向けの低価格機種などを新たに投入し、システムも刷新する。新型コロナウイルスの影響で、バス会社は減便などダイヤ変更を迫られ、遠隔で表示を変えられるスマートバス停の需要が急増している。2年後に100カ所への設置を目指す。

「5月の1カ月間に4つのバス会社から引き合いがあった」。YE社の工藤行雄スマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン