札幌の「駅ナカ物流」着工へ、JR貨物など150億円投資

働き方改革
宅配クライシス
2020/6/24 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR貨物と大和ハウス工業は24日、2022年に稼働させる札幌貨物ターミナル駅(札幌市)内の大型物流施設「DPL札幌レールゲート(RG)」を7月に着工すると発表した。総投資額は約150億円。現在は手薄な東北や関東への貨物を取り込みたい考えで、記者会見した真貝康一社長は「北海道発着の貨物輸送量は数%増える」と期待を示した。

DPL札幌RGは鉄筋コンクリート造3階建てで、敷地面積は5万348平方メート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]