地上イージスの代替案検討 政府、敵基地攻撃も議論へ

北朝鮮
2020/6/24 20:20 (2020/6/25 5:21更新)
保存
共有
印刷
その他

政府は24日、国家安全保障会議(NSC)を開き、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画の停止を確認した。代替となるミサイル防衛の検討に入る。攻撃を受ける前に相手の拠点をたたく敵基地攻撃能力の保有の是非に関しても、政府で議論する見通しだ。

安倍晋三首相も出席して首相官邸でNSC4大臣会合を開いた。河野太郎防衛相が陸上自衛隊の新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市、阿…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]