東南ア、宅配厨房に配車アプリ勢 外食の脅威に

アジアBiz
2020/6/24 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳、バンコク=岸本まりみ】東南アジアで宅配専用の共用調理施設「クラウドキッチン」の市場が拡大している。グラブやゴジェックなどの地場の配車アプリ大手が域内に相次ぎ開設。新型コロナウイルスの影響で配車サービスが苦戦するなか、料理宅配を新たな柱に育てる。外食大手にとって脅威となる中、フィリピンのジョリビー・フーズなどが対抗して参入を表明。競争が激しくなりそうだ。

「62番! 62番!」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]