/

この記事は会員限定です

トヨタ以外向け売上高5割増へ 東海理化、中国を深耕

[有料会員限定]

トヨタ自動車系でスイッチやシートベルトを生産する東海理化はトヨタグループ以外向けの売上高を引き上げる。新型コロナウイルスの感染拡大で新車需要が落ち込むが、中長期的に市場拡大が見込める中国を開拓する。トヨタの生産調査室室長や元町工場長を歴任し今月就任した二之夕裕美社長に戦略を聞いた。

――コロナ禍での今後の対応は。

「1月に副社長に就任し、海外を含めて多くの取引先とあいさつを重ねてきた。こういう状況だからこそ、本音の話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン