韓国の取り消し要求に反論 外務省局長、世界遺産登録巡り

日韓対立
2020/6/24 17:10
保存
共有
印刷
その他

外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は24日、韓国外務省の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長とテレビ会議を開いた。長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)など日本の世界文化遺産の登録を取り消すよう求める韓国側に反論した。

端島炭坑(通称・軍艦島)=長崎市

滝崎氏は「日本は国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会の決議・勧告を誠実に履行している」と伝えた。

韓国政府は22日、「明治日本の産業革命遺産」の登録取り消しを訴える書簡をユネスコに送った。東京の「産業遺産情報センター」にある軍艦島の展示に「歴史的な事実を歪曲(わいきょく)した内容が含まれる」と反発する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]