天才プログラマーのテレワークシステム、4万人救う

働き方改革
コラム(テクノロジー)
2020/7/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「現実社会では最低限度の生活を保障する生活保護のような仕組みがある。同じようにインターネットの最低保障(セーフティーネット)になるような仕組みにしていきたい」――。こう意気込むのは在宅勤務に利用できる「シン・テレワークシステム」開発者の1人、登大遊氏だ。

NTT東日本と情報処理推進機構(IPA)は4月下旬、シン・テレワークシステムの無償提供を始めた。小型コンピューター「Raspberry Pi(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]