多様性が活力生み出す 中沢孝夫氏が選ぶ3冊
はずれ者が進化をつくる 稲垣栄洋著

読書
2020/6/25 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人間は「普通」や「平均」を必要とする。標準的なモノサシがないと、優劣が測れないからだ。良い品、悪い品。高いもの、安いもの。利口とバカ……大体が相対的だが。

動物や植物あるいは魚は、個別の種類を生きている。松尾芭蕉は「おのおの花の手柄かな」と詠んだとのこと。確かに樹木や花の比較は無意味である。それぞれが異なった咲き方、茂り方をしている。

みなが同じ性格を持つ集団は危機を超えられない。はずれ者がもつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]