宮城・気仙沼舞根地区、震災復旧工事で湿地保全

東日本大震災10年へ
2020/6/24 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災で出現した宮城県気仙沼市の舞根(もうね)地区の湿地について、地元のNPO法人や行政が環境保全に取り組んでいる。入り江の奥に位置する湿地には海水と淡水が入り交じる。湾内ではカキやホタテの養殖が盛んで、震災の災害復旧工事を活用して豊かな海づくりに官民が取り組む異例の事業となっている。

湿地は唐桑半島の舞根湾の奥にある。広さ約1.2ヘクタールの湿地は震災による約80センチの地盤沈下で満潮時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]