横浜・関内で始まる再開発 地盤沈下防げるか
市庁舎移転 変わる横浜中心部(下)

Tokyoオリパラ
2020/6/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5月22日にすべての業務を終え、横浜市の旧市庁舎が閉館した。職員の姿が消えた旧庁舎は大規模な再開発を経て、オフィスや新産業の創造拠点、ホテルなどに生まれ変わる。市は「国際的な産学連携」「観光・集客」をテーマとし、旧庁舎を核にJR関内駅周辺の活性化を狙う。

横浜市は2019年、再開発の事業者に三井不動産などを選定。建築家の故・村野藤吾氏が設計した行政棟は星野リゾートによるホテルや商業施設に改装。議…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]