/

この記事は会員限定です

「3密回避型産業構造」実現を 村上輝康産業戦略研代表

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症による社会や経済への打撃からの回復には「3密回避型産業構造」への移行が必要だと、情報通信技術(ICT)戦略に詳しい村上輝康・産業戦略研究所代表は指摘する。「非接触」「遠隔」「超臨場」の技術がポストコロナ時代において企業活動の生産性を高め付加価値を拡大するカギになるという。

村上氏は、感染症の流行と、流行拡大防止のための様々な行動制限が合わさって社会や経済全体にもたらされた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン