/

この記事は会員限定です

名古屋市役所から始まった小川仁志の「する哲学」

哲学者が考えていること(4)

(更新) [有料会員限定]

商社マンにフリーター、市役所職員。小川仁志(50)は、異色の経歴を持つ哲学者だ。原点には、自らが世の中を良くしたいという情熱と、生き方に迷った若き日に哲学に救われた経験がある。

専門は公共哲学。「みんなが関わる公の領域について、何が本質かを考える学問」だ。だが小川は「考えて終わりじゃダメ」とつけ加える。「公の領域をいかに良くすることができるか。実践法を考え、自らやってみるところまで視野に入れた哲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

哲学者が考えていること

「哲学者」と聞いて誰を思い浮かべるだろう。ソクラテス? アリストテレス? いや、哲学者は現代の日本にもいる。世の中で起きていること、社会が直面している問題を深く考え、よりよい生き方について、ヒントを与えてくれる人たちだ。私たちが複雑な世界を生きるためには、「ノウハウ」や「スキル」ではない、本当の「知」が必要だ。いま、哲学者が考えていることとは――。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン