「チャラい政治哲学者」萱野稔人が考える硬派な国家論
哲学者が考えていること(3)

哲学者が考えていること
2020/6/28 2:02 (2020/7/1 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

津田塾大学の女子学生の間でひそかに回し読みされているファッション誌がある。

「AneCan」(小学館)の2013年7月号。特集のタイトルは「浴衣男子と浴衣デート」だ。俳優の斎藤工、小泉孝太郎らとともに、パリッとした浴衣姿でカメラ目線を決める短髪の男がグラビアに写っている。萱野稔人(49)。同大で教鞭(きょうべん)を執る哲学者である。

「昔から、はやりに乗っかる軽薄な人間なんですよ」。そううそぶ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]