/

この記事は会員限定です

「チャラい政治哲学者」萱野稔人が考える硬派な国家論

哲学者が考えていること(3)

(更新) [有料会員限定]

津田塾大学の女子学生の間でひそかに回し読みされているファッション誌がある。

「AneCan」(小学館)の2013年7月号。特集のタイトルは「浴衣男子と浴衣デート」だ。俳優の斎藤工、小泉孝太郎らとともに、パリッとした浴衣姿でカメラ目線を決める短髪の男がグラビアに写っている。萱野稔人(49)。同大で教鞭(きょうべん)を執る哲学者である。

「昔から、はやりに乗っかる軽薄な人間なんですよ」。そううそぶく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

哲学者が考えていること

「哲学者」と聞いて誰を思い浮かべるだろう。ソクラテス? アリストテレス? いや、哲学者は現代の日本にもいる。世の中で起きていること、社会が直面している問題を深く考え、よりよい生き方について、ヒントを与えてくれる人たちだ。私たちが複雑な世界を生きるためには、「ノウハウ」や「スキル」ではない、本当の「知」が必要だ。いま、哲学者が考えていることとは――。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン