ゴーン再生計画をなぞる日産の幸運 三菱自動車の嘆息

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2020/6/30 2:00 (2020/6/30 5:32更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

拡大路線の失敗により、2020年3月期連結決算で最終損益が6712億円の大赤字を計上した日産自動車。復活の鍵を握るのが、多目的スポーツ車(SUV)「エクストレイル」だ。全面改良に成功した後、再生の象徴にスポーツ車「フェアレディZ」を投入する算段である。カルロス・ゴーン元会長が輝いた20年前の復活劇をなぞるようで芸はないが、車種の巡り合わせに内田誠社長の運の強さを感じる。ただし、「再生後」の成長戦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]