自宅でラテン語 言語学者 黒田龍之助

エッセー
2020/7/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

私のゼミは厳しい。

千葉の外国語大学でロシア語と言語学を教えている。言語学では世界の言語について広く語るが、ゼミはヨーロッパ・ロシアの諸言語に限定している。アメリカやアジアに比べ教員の少ない分野を補完したい。

厳しい理由の一つが多言語の知識。英語は当然。スペイン語やポルトガル語を専攻する学生もいるが、それで事足りると思ったら大間違い。フランス語、ドイツ語、イタリア語などの知識は欠かせない。ロシア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]