コロナがむしばむ街の顔(点照)

2020/6/24 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

19日は作家の太宰治をしのぶ「桜桃忌」だった。亡きがらが見つかった日であり、誕生日でもある。生誕111年、没後72年だが、最近もアニメや映画で描かれるなど人気は衰えない。そんな太宰ゆかりの老舗旅館が4月いっぱいでひっそりと幕を閉じた。

千葉県船橋市の市役所近くにある「割烹(かっぽう)旅館玉川」は1921年(大正10年)に創業した。本館と2つの別館は昭和初期の風情漂う木造建築で、2008年に国登録…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]