/

この記事は会員限定です

ウメ不作で卸値8割高、開花早く実付き悪く

消費堅調 梅干し値上げも

[有料会員限定]

収穫期を迎えたウメの卸値が上がっている。東京市場の卸値は平年(過去5年の平均)と比べて8割高い。記録的な暖冬で主産地の和歌山県ではウメの花が例年より早く咲き、実が減った。巣ごもり消費で需給は逼迫し、スーパーの店頭価格は6割高い。梅干し会社は秋に商品の値上げを予定する。

青果物情報センター(東京・大田)がまとめたウメの卸値は6月中旬、東京市場で1キロ849円と平年比で8割高。前年比でも5割高い。例...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません