/

十勝岳の「つちのこ」撤去 人為的に石配置か、北海道

北海道の十勝岳の登山道付近に「つちのこ」と読めるように並べられた石文字のグーグルマップの画面(C)Google=共同

環境省は24日までに、北海道の十勝岳(2077メートル)の登山道付近に「つちのこ」と読めるように石が並べられていることを確認し、人為的に作成されたもので自然公園法に違反しているとして撤去したと明らかにした。この石文字のグーグルマップの航空写真が今年3月ごろ、会員制SNS(交流サイト)で話題になっていた。

環境省によると、石文字があったのは山頂から北に約1.2キロ、標高約1700メートルの登山道付近。1文字当たり1メートル四方ほどの大きさだった。現場は黒色や白色の石が混在している場所で、環境省の担当者は「意図的に白っぽい石を集めて置いたのだろう」と推測する。

北海道の十勝岳の登山道付近に並べられた「つちのこ」と読める石文字(14日)=環境省提供・共同

14日に環境省の職員ら4人が手作業で石をばらばらの状態にするなどし、5分で原状回復した。環境省は「国立公園は優れた自然の景観を保全する地域。それを損ねるような行為は法律違反になるのでやめてほしい」と注意を呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン