学習塾、AI教材の採用相次ぐ オンライン授業に対応

2020/6/24 12:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

学習塾や予備校が人工知能(AI)を使ったカリキュラムの導入を急いでいる。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインでの講義が増えたことに対応する。生徒の習熟度に合わせて提示する問題を柔軟に切り替えるなど、きめ細かく指導できるのが特徴だ。 学習塾大手の英進館(福岡市)は6月、中学生向けのコースでアタマプラス(東京・品川)が開発したAI教材を導入した。数学と英語の授業でタブレットを活用する。

生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]