/

この記事は会員限定です

中部の隠れた名産、ネット通販で存在感 三重県が支援

[有料会員限定]

梶賀のあぶり、飛鳥の高菜漬け……。知る人ぞ知る郷土食の魅力を全国に届けようと、三重県はネット通販の応援サイトを開設した。新型コロナウイルスに伴う「巣ごもり需要」を狙う。岐阜県飛騨市はいち早く地場産品の通販支援に取り組み、地域で稼ぐ力を伸ばす。新型コロナの経済対策の下、中部の隠れた名産が次々と躍り出そうだ。

三重県尾鷲市の南端。梶賀地区の郷土食が小魚の薫製「あぶり」だ。市場で売れない魚を漁師が持ち帰...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン