地域通貨で宿泊代2割還元 飛騨高山、観光復活に奔走
新型コロナ・中部の衝撃

2020/6/24 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部を代表する岐阜県の観光地の飛騨高山で、金融機関と行政が一丸となって地域産業の再建に乗り出す。飛騨信用組合は7月から、宿泊料金の2割を電子地域通貨「さるぼぼコイン」で還元する。高山信用金庫は古民家の再生にまちづくりファンドを活用する。新型コロナウイルスで訪日外国人(インバウンド)が激減したが、官民の連携をてこに復活を図る。

飛騨信用組合と高山市や飛騨市などでつくる飛騨高山観光コンベンション協会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]