/

米朝合意、「拉致」反映できず ボルトン氏回顧録

【ワシントン=永沢毅】トランプ米政権が2018年6月の初の米朝首脳会談にあわせた北朝鮮との共同声明に日本人拉致問題について記述を求めたが、調整が難航して最終的に反映されなかったことが分かった。ボルトン前米大統領補佐官が23日に出版した回顧録で明らかにした。

ボルトン氏によると、拉致問題を共同声明に加えるよう求めたのは同氏とポンペオ国務長官だった。しかし、北朝鮮との協議で折り合わず、共同声明は完全な非核化など4項目を記載するにとどまった。

米大統領選

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン