/

石破氏、岸田氏らと会食 衆院解散「できる状況でない」

自民党の岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長らが23日夜、都内で会食した。出席者によると、新型コロナウイルスの感染拡大の先行きが見通せない現状などを踏まえ「いまは衆院解散・総選挙をできる状況ではない」との考えで一致したという。

石破氏は会合後、記者団に「自民党は非常に厳しい状況だという認識は一致している。自由闊達にものが言える自民党が必要だ」と述べた。

石原伸晃元幹事長、中谷元・元防衛相も同席。4人は1957年生まれで定期的に集まっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン