韓国、軍艦島展示で世界遺産取り消し要求 ユネスコに

日韓対立
2020/6/23 20:58
保存
共有
印刷
その他

長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)=共同

長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)=共同

【ソウル=恩地洋介】韓国外務省は23日、康京和(カン・ギョンファ)外相が22日、日本の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の登録取り消しを求める書簡を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)のアズレ事務局長宛てに送ったと明らかにした。登録取り消しの検討を要請し、日本に後続措置の履行を促す決定文が世界遺産委員会で採択されるよう協力を求めた。

韓国政府は、産業革命遺産の全体像を紹介する「産業遺産情報センター」での軍艦島に関する展示を巡り「歴史的な事実を歪曲(わいきょく)した内容が含まれる」などと反発している。日本政府は「世界遺産委員会の決議や勧告を真摯に受け止め、約束した措置を誠実に履行している」(菅義偉官房長官)との立場だ。

産業革命遺産が2015年に世界遺産に登録された際、韓国は軍艦島に関し「戦時中、朝鮮半島出身者が強制的に働かされた」として登録に反対。日本政府は「犠牲者を記憶にとどめるために適切な対応を取る」と表明し、韓国側も登録に同意した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]