不妊治療の保険適用拡大 体外受精など、政府中間報告案

2020/6/23 23:00 (2020/6/24 5:25更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は近くまとめる全世代型社会保障改革の中間報告案に、不妊治療への保険適用の拡大を盛り込む。少子化対策の一環で、子供を産みたい人の経済的負担を軽減する。医療では75歳以上の窓口負担を引き上げる基準など詳細が決まらず、抜本的な見直しは先送りになっている。新型コロナウイルスの感染拡大で検討が遅れた影響もある。

全世代型社会保障改革は第2次安倍政権の看板政策。安倍晋三首相は1月に「今年の内閣の最大のチ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]