藤井七段、王位戦もタイトル挑戦 棋聖戦に続き2つ目

囲碁・将棋
2020/6/23 20:02 (2020/6/23 21:27更新)
保存
共有
印刷
その他

永瀬二冠を破り、王位戦の挑戦権を獲得した藤井聡太七段(23日、東京都渋谷区の将棋会館)=日本将棋連盟提供

永瀬二冠を破り、王位戦の挑戦権を獲得した藤井聡太七段(23日、東京都渋谷区の将棋会館)=日本将棋連盟提供

将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は23日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第61期王位戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠(王座・叡王、27)を破り、タイトル挑戦を決めた。17歳10カ月20日(五番勝負開幕時)で最年少挑戦を果たした棋聖戦に続く、2つ目のタイトル挑戦となる。

木村一基王位(47)との七番勝負は2日制で、第1局は7月1、2日に指される。

対局を終えた藤井七段は「しっかり準備していい将棋を指したい。(2日制の将棋は)指したことがない。じっくり考えられるので楽しみです」と抱負を語った。永瀬二冠は「一局を通して力負け。追いつけるようにまた勉強して頑張りたい」と話した。

迎え撃つ木村王位は昨年の王位戦で初めてタイトルを獲得。46歳3カ月での初タイトルは将棋界の最年長記録で、「中年の星」として注目を集めた。最年長初タイトル記録を持つ木村王位と、最年少初タイトル記録を目指す藤井七段との異例の七番勝負となる。

今回の王位戦で藤井七段は、羽生善治九段(49)らを次々破り挑戦者決定リーグ白組を5戦全勝で突破。リーグ紅組を5戦全勝で抜けた永瀬二冠とのこの日の挑戦者決定戦も制し、1カ月で2つ目の挑戦権を勝ち取った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]