アコール、テレワークの生産性を見える化

兵庫
2020/6/28 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オフィス業務の自動化システムのACALL(アコール、神戸市)は30日、テレワークで働く人の生産性を見える化するサービスを始める。自宅や会社など場所別の累積勤務時間と仕事の進捗度が分かるようにして、従業員の管理、指導に役立てる。最初の1年程度は無料とし、今後は1人当たり数百円から提供する計画。新型コロナウイルス禍によるテレワーク導入企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]