/

平安京最大級の庭園池発見 藤原良相邸宅跡、幅43メートル

平安時代の右大臣、藤原良相(ふじわらのよしみ、813~867年)の邸宅跡とされる京都市中京区の発掘現場で幅43メートルもある大規模な池の遺構や溝跡が発見され、京都市埋蔵文化財研究所が23日、発表した。同研究所は「池は9世紀後半の平安京の貴族邸宅では最大級で、小石を敷き詰めた州浜を備えた優美な姿。池が2つもあり、庭園重視の邸宅」としている。

大規模な池の遺構や溝跡が発見された発掘現場(23日午後、京都市中京区)=共同

平安貴族の住宅様式・寝殿造りは10世紀以降に成立するとされ、池の北側に主殿を配置する。今回、池の北側から見つかった建物跡は幅12メートル、奥行き7.5メートルと比較的小さく、池の南東に主殿があった可能性があり、近畿大の網伸也教授(日本考古学)は「寝殿造り成立前の貴族の邸宅を知る上でも貴重な成果」と評価している。

良相は兄の藤原良房政権で実力を誇った人物。平安時代の歴史書「日本三代実録」には、866年に清和天皇が良相邸を花見に訪れ、文人を集めて詩を詠ませたとの記述も残る。邸宅は「百花亭」とも呼ばれていた。

新たに発掘された西側の池は、東西約43メートル、南北約27メートル以上で、邸宅の主要な池とみられる。水際は小石を敷き詰めた州浜となっていた。以前の調査でも邸宅の東側で池が見つかっており、今回の発掘調査で2つの池を結ぶ長さ約48メートルの溝が確認された。

研究所によると、東の池は西の池より高い位置にあり、東の池がいっぱいになったときだけ、上澄みの水が西の池に流れる構造で、担当者は「小川のような清らかな水の流れを楽しんでいたのでは」と話す。

邸宅は平安宮近くの一等地にありながら、敷地は120メートル四方と広大だった。北半分の発掘が終了したが、南半分は未調査。これまでに和歌とみられる平仮名が書かれた9世紀後半の土器が発掘されており、平仮名の発見としては最古級という。今回は大学キャンパスの建設整備に伴い発掘、遺構は地中に保存される。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現地説明会は開かれない。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン