/

栃木県の福田知事、8月に進退表明へ

12月に任期満了を迎える栃木県の福田富一知事は23日の記者会見で自身の去就について問われ、「(8月15日の)お盆前に後援会総連合会の会合を開き、意見を聞いたうえで判断したい」と述べた。後援会の意向を踏まえ、進退を表明するとみられる。後援会組織の会合は3月の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。

現在4期目の福田知事は多選批判についても触れ、「東日本大震災以降、災害時に県民の命を守るには当選回数も必要との考えもある」との持論を披露した。栃木県知事選を巡っては元NHK宇都宮放送局長で会社経営の田野辺隆男氏がすでに出馬を表明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン