/

新型コロナで約6割が「運動不足」 民間調べ

新型コロナウイルスの感染拡大による自粛期間中に運動不足を感じている人が約6割いることがわかった。ランニングシューズを展開するストライド(東京・多摩)が13~15日に調査。インターネットを通じて、全国20~69歳の男女1324人から回答を得た。

「自粛期間の間、運動不足を感じましたか」という質問の回答は「とても感じた」が23.4%だった。「少し感じた」(22.1%)、「どちらかと言えば感じた」(13.1%)と合わせ、計58.6%が「感じた」と回答した。

自粛期間前と比べた体の変化については「体重の増加」(38.0%)、「体力の減退」(32.2%)などの回答があった。自由回答ではエコノミー症候群や倦怠(けんたい)感などの症状があげられた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン