/

この記事は会員限定です

[社説]スパコン富岳を使いこなそう

[有料会員限定]

日本のスーパーコンピューターが米国や中国を抑え、8年半ぶりに世界一の座についた。理化学研究所と富士通が約1300億円を投じて共同開発した「富岳(ふがく)」が、2位の米スパコンの2倍以上の高速性を実現した。科学技術の底力をみせてくれた。

富岳は2021年度の運用開始予定だったが、この春、新型コロナウイルス対策の研究目的で試運転を始めた。スパコンの計算速度を競う世界ランキングは毎年6月と11月に更新される。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン